コンテンツを検索する

2020年11月6日(金)13:00〜15:00

ワーケーション会議 in 妙高
新しい働き方と自然を生かす地域創生

日本には地域に豊富に存在する自然環境を調査・保全し、自然や地域の魅力を伝える持続的な取り組みが求められています。妙高山麓の豊かな自然資源を生かし新しいライフスタイルを生み出そうとしている妙高市の活動を先進事例に、地域の創生を新しい働き方と人材育成の観点から考えます。

プログラム

13:00~13:10 冒頭メッセージ
「妙高から始まる新しいライフスタイル・未来」
妙高市長 入村 明 氏
13:10~13:20 講演
「国立公園でのワーケーションの推進について」
環境省 自然環境局 国立公園 課長 熊倉 基之 氏
13:20~13:50 基調講演
「自然を生かした学び(知識創造)の本質~変化するリアルな世界で自分をアップデートする~」
国際自然環境アウトドア専門学校 講師 田辺 慎一 氏
14:00~15:00 パネルディスカッション
「地域創生を持続的に可能にする『越境学習』と新しい働き方」
<パネリスト>
妙高市長 入村 明 氏
国際自然環境アウトドア専門学校 講師 田辺 慎一 氏
特定非営利活動法人しごとのみらい/サイボウズ 竹内 義晴 氏
<コーディネーター>法政大学大学院 政策創造研究科 研究科長/教授 石山 恒貴 氏

ワーケーション会議 in 妙高
新しい働き方と自然を生かす地域創生

最新コンテンツ