コンテンツを検索する

2020年9月19日(土)13:00〜

知床の未来 ~人と地域が繋がるSDGsとテレワーク~

新型コロナウイルスの影響で注目を浴びる「テレワーク」。道東・知床半島の斜里町では、自然に囲まれた仕事場を都市部の企業向けに提供しています。仕事だけでなく、自然の中でリフレッシュできる「ワーケーション」環境が魅力です。また、これまで500人近いテレワーカーを受け入れましたが、自然環境だけでなく、地域住民との交流に魅力を感じて移住した人もいます。一方、過疎と高齢化が進み、人口の減少に悩む羅臼町。地元企業と連携して「知床学」を開発し、持続可能な知床を創造できる人材の育成を始めました。新たなアイデアやビジネス、「知床の未来」の可能性を広げる2つの町の取組を追います。

番組に関連して、日本経済新聞社は視聴者の皆様にワーケーションなどに関するアンケートを実施します。ご回答いただいた方の中から抽選で20名様に3,000円分のAmazonギフト券をプレゼント致します。締切は10月18日(日)で、ご応募には日経ID(取得無料)が必須です。注意事項をご確認の上、ご応募ください。

■アンケート企画に関するお問い合わせ
Amazonギフトプレゼント運営事務局(日本経済広告社)
mail:shiretoko@operation-desk.jp
平日10:00~17:00(土日、祝日は除く)

最新コンテンツ