コンテンツを検索する

2018年10月2日(火)13:00〜16:20

「金融ニッポン」トップ・シンポジウム 「破壊と創造」

今年は米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻した、いわゆる「リーマン・ショック」から10年という節目の年です。金融危機を乗り越え、安定を取り戻した日本の金融機関は安泰なのでしょうか。日銀のマイナス金利政策、デジタル化の波、そして人口の超高齢化。社会構造の変化が金融機関の未来も変えようとしています。10回目の今回、日本の3メガバンクと2大証券のトップ5人が「破壊と創造」をテーマに語ります。


プログラム
13:00-13:05
主催者挨拶(日本経済新聞社社長 岡田 直敏)

13:05-13:30
三菱UFJフィナンシャル・グループ社長 平野 信行氏

13:30-13:55
野村ホールディングス グループCEO 永井 浩二氏

13:55-14:20
三井住友銀行頭取CEO 髙島 誠氏

14:35-15:25
<パネルディスカッション>

三菱UFJフィナンシャル・グループ社長 平野 信行氏
三井住友銀行頭取CEO 髙島 誠氏
みずほフィナンシャルグループ社長 坂井 辰史氏
野村ホールディングス グループCEO 永井 浩二氏
大和証券グループ本社社長 中田 誠司氏

15:30-15:55
大和証券グループ本社社長 中田 誠司氏

15:55-16:20
みずほフィナンシャルグループ社長 坂井 辰史氏

「金融ニッポン」トップ・シンポジウム 「破壊と創造」

最新コンテンツ