コンテンツを検索する

2020年3月10日(火)13:00〜16:40

日経産業新聞フォーラム
「攻めの法務へ ~2020年代の経営に求められるリーガルテック~」

「法務」と「テクノロジー」を掛け合わせたリーガルテック。ガーディアン機能としての役割が大きかった法務は、急速な技術革新とグローバル化によって積極的に経営にかかわり新たなイノベーションの推進役として役割を果たす「攻めの法務」へと転換しつつあります。
本フォーラムでは、経営学の第一人者や実務に携わる専門家の講演を通じて、今後の法務と経営のあり方について考えていきます。

基調講演「世界の経営学から見る、日本企業イノベーション創出への示唆」
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール 教授 入山 章栄氏
*アーカイブはありません
協賛社セッション①「契約の本質的課題と契約マネジメントの意義」
Holmes CEO室 室長 弁護士 酒井 貴徳氏
協賛社セッション②「法務部門におけるLegalForce活用の今」
太陽誘電 法務部長  佐々木 毅尚氏 / LegalForce 代表取締役CEO 角田 望氏
協賛社セッション③「オーダーメイドSaaSが拓く新時代法務」
SiGHTViSiT 代表取締役 NINJA SIGN事業責任者 鬼頭 政人氏
特別講演「民法改正後のIT開発で起きる問題」
政府CIO補佐官 リーガルテック協会 顧問 細川 義洋氏

日経産業新聞フォーラム
「攻めの法務へ ~2020年代の経営に求められるリーガルテック~」

最新コンテンツ