コンテンツを検索する

2019年12月19日(木)15:30〜16:30

日銀総裁会見「円安、株高の中で物価モメンタムに不安は?」

日銀は18~19日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。足元で円安、株高が進む中で黒田総裁も国会で「現時点で何か追加緩和をするということは考えていない」発言しています。ただ、米中の対立は通商の枠を超えて根強いリスクとして残るなど、不透明感もぬぐい切れていません。物価目標の達成に向けたモメンタム(勢い)が損なわれる可能性が高まれば「ちゅうちょなく、追加的な金融緩和措置を講ずる」との姿勢は維持する黒田総裁が景気の先行きとリスクにどのような認識を示すのか。

最新コンテンツ