コンテンツを検索する

2019年12月12日(木)13:30〜16:30

令和の働き方改革 ~両立支援が会社と社員にもたらすもの~

少子高齢化により労働人口が減少していく時代に突入し、企業にとって人財戦略は重要性は増しています。働く意欲を持った社員が力を十分に発揮できる環境を整え、生産性を向上させていくことが競争力に直結する時代になっています。
一方で現在、日本の労働人口の約3人に1人が何らかの病気を抱えながら働いているという現実があります(厚生労働省調べ)。今後、社員の平均年齢が上がるのに比例して健康リスクも上昇していくことが見込まれる中で、「病気を治療しながら働きたい」という思いがある人が仕事を辞めずに働けるための「治療と仕事の両立支援制度」を企業において整備・拡充していくことは、経営戦略上必要な取り組みと言えるでしょう。
本フォーラムでは本テーマについての有識者や、両立支援に積極的に取り組んでいる企業の講演から、実際に自社で「治療と仕事の両立支援制度」の整備・拡充に取り組むにあたっての有益な情報をご提供します。

【プログラム】

13:30~13:40 主催者挨拶
       村山 誠 (厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 部長)

13:40~14:10 基調講演① 「治療と仕事の両立とは何か?」 ~健康経営の中の働き方改革の視点から~
       浅野 健一郎氏 (フジクラ健康社会研究所 代表取締役CEO)

14:10~14:40 基調講演② 「明日からできる両立支援」 ~就業配慮の考え方~
       立石 清一郎氏 (産業医科大学病院 両立支援科 診療科長)

14:40~15:00 特別講演 両立支援についての新作落語
       桂 三四郎氏 (落語家)

15:00~15:15 休憩

15:15~16:30 企業/医療機関/対応機関の取り組み事例発表 パネルディスカッション

       <パネリスト>
       三田 明氏 (大鵬薬品工業 人事部 副部長)
       加藤 宏一氏 (労働者健康安全機構 東京労災病院 両立支援部長)
       根岸 純子氏 (労働者健康安全機構 東京産業保健総合支援センター 両立支援促進員)
       立石 清一郎氏

       <コーディネーター>
       浅野 健一郎氏

※講演者、講演内容・タイムスケジュールは事前の予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

令和の働き方改革 ~両立支援が会社と社員にもたらすもの~

最新コンテンツ