コンテンツを検索する

2019年3月15日(金)15:30〜16:30

日銀総裁会見「景気後退懸念じわり、日銀の認識は」

日銀は14~15日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。米中の貿易協議が続く中、中国景気の減速感が意識され始めています。米国経済も雇用拡大などにピークアウトの観測も出ています。米連邦準備理事会(FRB)が利上げや資産圧縮の見直しに言及してもマーケットの懸念はじわりと広がっています。英国の欧州連合(EU)離脱も予断を許しません。日本企業への影響も無視できないリスク要因に対して日銀の認識は。黒田総裁の発言に注目です。

最新コンテンツ