コンテンツを検索する

2018年9月19日(水)15:27〜16:30

日銀総裁会見「停滞物価、貿易戦争・・・金融政策の行方は?」

日銀は18~19日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。前回の会合で金融緩和政策の修正を打ち出した日銀。しかし、物価上昇の兆しは見られず、政策委員の中からも追加緩和の必要性を訴える声が。金融機関の利ザヤ縮小など副作用への警戒も強い中、日銀の舵取りは難しさを増しています。沈静化する気配が見えない貿易戦争をはじめ外部環境も不透明感は晴れていません。さらに相次ぐ自然災害が経済に与える影響も気がかりです。内外のリスク要因を巡り、黒田総裁は何を語るのか。記者とのやり取りに注目です。

最新コンテンツ