コンテンツを検索する

2018年9月3日(月)14:00〜16:45

株価指数先物 30周年記念シンポジウム

我が国の株価指数先物は1988年9月3日、日経平均先物が大阪証券取引所(現在は大阪取引所)に、TOPIX先物が東京証券取引所に上場し、本年9月に30周年を迎えることになりました。これを記念し東京でシンポジウムを開催いたします。
シンポジウムでは各方面より専門家を迎え、登場から30年で進化を遂げてきた先物市場の歴史を振り返るとともに、今後資本市場において先物が果たすべき役割、国際競争力や日本経済に寄与するために取り組むべき課題などについて、講演・討論する予定です。

記念講演

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ名誉会長 レオ・メラメド氏

基調講演「ポスト金融危機の先物市場」

日本銀行 総裁 黒田東彦氏

パネル討論「先物登場から30年、市場の進化と未来」

京都大学経営管理大学院 特定教授 加藤 康之氏
ゴールドマン・サックス証券 副会長 キャシー・松井氏
アセットマネジメントOne シニアフェロー 武内邦信氏
マネックスグループ 代表執行役社長CEO マネックス証券 代表取締役社長 松本 大氏
大阪取引所代表取締役社長 日本取引所グループ取締役兼執行役 山道 裕己氏

株価指数先物 30周年記念シンポジウム

最新コンテンツ