コンテンツを検索する

2018年7月31日(火)15:27〜16:30

日銀総裁会見「金融緩和の修正観測、貿易戦争の影響は?」

日銀は30~31日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。急浮上した金融緩和政策の修正観測のほか、貿易戦争の行方や新興国市場、原油相場の動向など、マーケットに大きな影響を与える要因をどのように分析し、どう対応するのかに注目が集まります。国内では西日本を襲った豪雨被害や猛暑なども景気のリスク要因となります。物価上昇に勢いは見られないものの、人手不足や原材料高はじわりと進み、企業収益や消費者心理にも影響を与えています。緩和修正観測や内外のリスク要因を巡り、黒田総裁は何を語るのか。記者とのやり取りに注目です。

最新コンテンツ