コンテンツを検索する

2018年4月27日(金)15:27〜16:30

日銀総裁会見 風雲急の内外情勢、黒田総裁の認識は?

日銀は26~27日に金融政策決定会合を開き、終了後に黒田東彦総裁が会見します。2期目に入った黒田総裁率いる日銀は脱デフレを目指す緩和を堅持していくとみられますが、取り巻く環境は波乱含みです。国内では「森友学園」関連の文書改ざん問題などを背景に内閣支持率が低下、アベノミクスの後退感への警戒が強まっています。海外に目を向けてもトランプ大統領のもと保護主義的な姿勢を強める米国発の通商摩擦への懸念がくすぶっています。経済を牽引してきた米ネット企業への批判も気がかり。黒田総裁がこれら外部環境の変化と景気への影響をどのように認識しているか。記者会見での発言に注目です。

最新コンテンツ