コンテンツを検索する

2017年6月30日(金)15:00〜15:30

アジアの未来2017
~岐路に立つグローバリズム
アジアはどう行動するか~

 英国の欧州連合(EU)からの離脱決定、米国のトランプ大統領就任。欧米でドミノのように内向き志向が広がっています。アジアでは期待されていた環太平洋経済連携協定(TPP)から米国が離脱を表明したことを受け、驚きと戸惑いが広がっています。一方で中国は広域経済圏構想「一帯一路」を提案。南シナ海の領有権問題や、北朝鮮による核・ミサイル開発など地政学リスクも予断を許しません。

 こうしたなか都内で開いた第23回国際交流会議「アジアの未来」では、アジア各国のリーダーから「2国間協議によって大国が小国に押し付けることはあってはならない」「北朝鮮問題でトランプ政権は中国に圧力をかけるのではないか」といった声が相次ぎました。主要な登壇者への独自インタビューも織り交ぜながら、会議のもようを凝縮してお伝えします。

【出演】

ゴー・チョクトン(シンガポール前首相)

マハティール・ビン・モハマド(マレーシア元首相)

レ・ルオン・ミン(ASEAN事務局長)

グエン・スアン・フック(ベトナム首相)

トンルン・シスリット(ラオス首相)

ナンダン・ニレカニ(インフォシス共同創業者)ほか

最新コンテンツ