コンテンツを検索する

2015年3月17日(火)15:27〜16:30

LIVE! 黒田東彦 日銀総裁会見 まるごと配信

強気を維持?

日銀は3月16~17日に金融政策決定会合を開きます。日銀が2013年4月に量的・ 質的金融緩和を導入して、もうすぐ2年の節目を迎えます。「2年で2%」の物価上昇率を目標に掲げましたが、大幅な原油安もあって2年ちょうどでの達成は絶望的。目標時期の延期観測さえ浮上しています。  これに対し、黒田東彦総裁は「早期実現の為に必要なら、ちゅうちょなく調整する」という立場。その上で「原油価格そのものに反応することはないが、予想物価上昇率にどのような影響を与えるのか、デフレマインドの転換が進んでいくかどうかに注目して政策運営を行う」と述べています。月々の足元の物価の動きより、その背後にある物価の基調やメカニズムを重視する「基調重視」の考え方です。 市場では、今春にも物価上昇率がマイナスに転じるという見方が広がり、追加緩和観測がくすぶっています。今回の会合後の記者会見で、黒田総裁は「基調重視」でどこまで強気の見方を維持できるのでしょうか。その発言に注目が集まっています。 日経チャンネルでは会見の模様を、まるごとライブで配信します。

このコンテンツは掲載終了しました

最新コンテンツ