コンテンツを検索する

2014年6月29日(日)10:15〜12:30

エネルギーと経済成長モデル、日仏関係の未来
〜日仏文化サミットから

司会:森 秀行 氏 □ドミニク・ブール 氏 □小林 光 氏 □ドミニク・メダ 氏 □佐和 隆光 氏 □ルイ・シュバイツアー 氏 地球温暖化、原発のリスクと石油資源の希少化など経済成長とエネルギー消費をめぐる状況は日々変化している。エネルギーシフトは経済成長の鍵を握るだけでなく、日常生活にも大きな変化をもたらし、新しい価値観を作り出す。 日仏文化サミットには日本とフランスの環境、経済、社会、経営のエキスパートが参加。「新エネルギーへの移行と新しい経済成長モデル」と題し、ディスカッションを行う。変貌する世界が課題にどのように対処していくべきか、その提言が注目される。 日仏文化サミット「変化する世界と日仏関係の未来」は日仏文化協力90周年を記念し、6月28日(土)、29日(日)の両日、日仏会館、在日フランス大使、アンスティチュ・フランセ日本などが主催して都内で開催される。   【登壇者】 司会:森 秀行 氏(公益財団法人地球環境戦略研究機関IGES所長) 1977年環境庁(現環境省)入庁。アジア開発銀行環境専門官、国連高等難民弁務官などを経て、2010年4月より現職。 ドミニク・ブール 氏 (ローザンヌ大学環境地理学教授 哲学) 2010年著書”Vers une démocratie écologique “が『エコ・デモクラシー—フクシマ以後、民主主義の再生に向けて』の邦題で日本でも出版。福島原発事故に関する研究グループの一員。 小林 光 氏(慶応義塾大学教授、元環境事務次官) 1973年環境庁入庁。気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)の日本への誘致、同条約の京都議定書の国際交渉、地球温暖化対策推進法などを担当。 ドミニク・メダ 氏(パリ・ドフィーヌ大学教授 哲学・社会学) 1962年生まれ。今日のフランスで最も注目されている政治哲学者のひとり。 公的空間や社会的絆を確保するための<政治学>を復権させる立場から、 グローバリゼーションやフランスの社会政策・雇用政策に対して興味深い提言を行なっている。 佐和 隆光 氏(滋賀大学学長 経済学) 専攻は計量経済学、環境経済学。経済学博士。2014年日経地球環境技術賞審査員。 ルイ・シュバイツアー 氏(日仏パートナーシップ仏外務大臣特別代表) 49歳の若さでルノー公団会長兼CEOに就任、1998年日産とアライアンスを提携し、カルロス・ゴーンを日本に送り込んだ人物。   【オンライン申し込み先】 ■日仏会館(http://www.mfjtokyo.or.jp/fr/events/details/464-90.html)

配信チャンネル NIKKEI Channel<Culture>
配信開始日時 2014年6月29日(日) 10:15
アーカイブ配信 あり

このコンテンツは掲載終了しました

最新コンテンツ