コンテンツを検索する

2020年9月2日(水)10:00〜17:10

ヘルスSHIFT100 日本発!世界へ広げるレジリエンスな健康社会

日経大丸有エリアSDGsフェス

公衆衛生から、個人の行動変容、最先端治療まで
持続力と回復力のある
健康社会を実現するためのソリューションを提案

 新型コロナウイルスに対する人口当たりの死亡数が、世界各国と比較しても著しく低い日本。感染症に対する回復力=レジリエンスの高い社会であることを証明しつつある。その背景には、空気・水・食の安全、上下水道、公共衛生施設、設備が充実した病院など長年の公衆衛生面の取り組みがある。
 また日本の平均寿命は世界トップクラス。超高齢社会に到達した中、寝たきりを減らし、介護期間を短縮する健康人生の拡大のための地域包括ケア、健康経営への取り組みも進む。
 コロナ禍と向き合い、今求められるレジリエンスな健康社会の実現のためには、公衆衛生、医療、生きがい作り、教育、食の新機能と安全、栄養・口腔ケア、さらにヘルステックによるイノベーションなど、多層にわたる取り組みが必要となった。
 SDGsフェスヘルスケアDAYでは、これらに取り組む日本と世界の企業・団体による最先端ソリューションを発信していく。

10:00〜10:30 基調講演 健康人生100年のため―with コロナ時代を幸せに生きる
昭和女子大学 理事長・総長 坂東 眞理子 氏
10:40〜11:10 特別講演 健康人生101年のための栄養と食事
日本栄養士会 代表理事会長 中村 丁次 氏
11:20〜11:50 講演 US SOY: Committed to Sustainability アメリカ大豆: サステナビリティへのコミットメント
アメリカ大豆輸出協会 シニアディレクター(市場アクセス)& 地域ディレクター (北アジア) ロズ・リーク 氏
12:35〜12:55 ご挨拶 コロナを乗り越える日本の医療・ヘルスケア政策
自由民主党 参議院議員 厚生労働大臣政務官 自見 はなこ 氏
13:00〜13:30 特別講演 お口の健康が支える健康人生100年時代の戦略
日本歯科医師会 会長 堀 憲郎 氏
13:35〜14:05 特別講演 これからの、働く女性に対する企業の健康サポート
東京大学大学院医学系研究科 産婦人科講座教授 大須賀 穣 氏
14:10〜14:40 講演 日本発の技術でコロナワクチンを、そして日本発の薬でコロナ治療薬を開発 ー母国発の技術、薬で世界に福音をー
メディシノバ 取締役副社長兼 CMO(最高医学責任者) 松田 和子 氏
14:55〜15:25 講演 食品と機能性素材による健康長寿への挑戦 エビデンスをベースとした帝人グループの取り組み
帝人 ヘルスケア新事業部門長 執行役員 森山 直彦 氏
帝人 ヘルスケア事業統轄補佐/研究主幹 NOMON代表取締役CEO 山名 慶 氏
15:30〜16:00 特別講演 Withコロナにおける健康経営 〜生涯現役社会の実現に向けて〜
経済産業省 商務・サービスグループヘルスケア産業課 課長 稲邑 拓馬 氏
16:05〜16:35 講演 健康経営の新たな視座 ―片頭痛が職場にもたらす影響とは?―
日本イーライリリー 代表取締役社長 シモーネ・トムセン 氏
富士通クリニック 頭痛外来担当 / 富士通 本社産業医 日本頭痛学会 認定専門医・指導医 北里大学医学部神経内科 客員教授 脳神経内科医 五十嵐 久佳 氏
16:40〜17:10 講演 Withコロナ時代における口腔ケアの重要性
ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー 代表取締役プレジデント 黒木 昭彦 氏
ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー 研究開発本部ディレクター 齋藤 勇仁 氏

ヘルスSHIFT100 日本発!世界へ広げるレジリエンスな健康社会

最新コンテンツ