コンテンツを検索する

2020年12月18日(金)10:00〜16:00

森林保全と都市木造化で持続可能な未来へ

~木が実現するレジリエントな社会づくり~

気候変動リスクへの対応などSDGsへの取り組みは、世界共通の道しるべです。国連森林フォーラム(UNFF)が採択した「国連森林戦略計画2017-2030」によると、森林の活動がSDGsの17目標のうち、14の目標達成に寄与するとされています。健全な森林循環には、「森林保全」と「バランスの取れた木材利用」が必要です。日本では、2019年度から新しく、国内山林の整備拡充、国産材の利活用の拡大を目的とした「森林環境譲与税」の交付も開始されました。こうした情勢をふまえ、森林保全から都市部における木材活用の必要性を考えます。

森林保全と都市木造化で持続可能な未来へ

最新コンテンツ