マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信

【11月25日(火) 20:00~】マーケッツのツボ 「暴走する中国経済 “13億人”が直面する現実」特別生配信

日経チャンネルマーケッツでしか見ることができないオリジナルコンテンツ「マーケッツのツボ」。11月25日(火)は富士通総研経済研究所の主席研究員、柯隆さんをお迎えします。

<配信日時>11月25日(火) 20:00~20:55

7.3%――。
中国の7-9月期におけるGDP成長率です。
巡航速度と見るか、それとも減速と見るか。
中国経済は今、成長率維持か減速かの瀬戸際に立たされています。
かつての2ケタ成長への回帰は現状、極めて困難です。
現政権の経済運営では、2014年の通年予想である7.5%成長を維持するのが最大のミッションとなりました。
そのなか、7-9月の7.3%という成長率を、どうとらえれば良いのでしょうか。
実際の経済成長率が通年予想を下回ったことは、13億人の人口を抱える中国の雇用創出にとって、
ネガティブな要因になる恐れもあります。
住宅バブル、シャドーバンキング問題、改革のスピードアップの邪魔をする抵抗勢力の存在。
そして、着実に近づいている人口高齢化と、経済活力の低下。中国経済が抱える問題点は山積みです。
習近平氏が、総書記という権力の頂点に立って2年が経ちました。
李克強首相とのコンビによる政権運営は、本当に上手く進んでいるのでしょうか。
日本からはなかなか見えない、中国経済のさまざまな問題点とその解決方法を、柯隆さんと共に考えていきます。

ゲスト:柯 隆(富士通総研経済研究所主席研究員)
聞き手:鈴木雅光(金融ジャーナリスト)

■番組やゲストへの疑問・質問をTwitterでお寄せください。
あなたのツイートが番組で紹介されるかもしれません!
文末にハッシュタグ #nikkeimarkets をつけてツイートしてください。
日経チャンネルマーケッツ公式アカウント
https://twitter.com/nikkeimarkets


日経チャンネルマーケッツは、有料サービスです。(月額972円/税込)

ご利用いただくには利用登録が必要です。

今すぐ申し込む

日経チャンネルマーケッツの詳細はこちらから


«  | お知らせ一覧へ |  »

お知らせ一覧