日本経済新聞 関連サイト

日経チャンネル NIKKEI CHANNEL

日仏フォーラム 「書籍とデジタル」

日仏フォーラム 「書籍とデジタル」

配信日時 2016年06月13日(月) 9:30~18:40

アーカイブ配信 あり(後ほど、オリジナル音声のみ)

電子書籍の市場は、日仏両国においてまだ黎明期とはいえ、その影響は既に出版界全体に及んでいます。
書籍のデジタル化に向けて、出版業界や作家はどう適応していくのか、著作権法はどう変化するのか、
また、そのような流れの中で今後図書館はどのような役割をになっていくのでしょうか。

日仏の出版業界の主な関係者、知識人、作家が国立国会図書館に一同に会し、この「書籍とデジタル」をテーマに
ディスカッションするフォーラムを丸ごと配信します。

 

9:45-10:00 開会の辞  羽入佐和子(国立国会図書館長)
10:00-10:30 基調講演 「本、今日とこれまで」 養老孟司(東京大学名誉教授) 
10:30-12:30 第1セッション 「デジタル時代における創作と読書:本の新しい形と新たな読書の形態とは?」
         モデレーター:林智彦(朝日新聞社デジタル本部)
         パネリスト:ティエリー・バッチノ(パリ第8大学教授)、
                ジュリー・ステファン・チェン(メディア・アーティスト)
                藤井太洋(日本SF作家クラブ会長)
                平野啓一郎(作家)
                井芹昌信(株式会社インプレスR&D社長)

12:30-14:00 休憩

14:00-16:00 第2セッション「電子書籍と図書館の役割:長期アクセス保証と納本制度」
          モデレーター:植村八潮(専修大学文学部教授)
          パネリスト:大曲薫(国立国会図書館収集書籍部長)
                 田村俊作(慶応義塾大学名誉教授)
                 田中敏隆(株式会社小学館デジタル事業部ゼネラルマネージャー)
                 エリック・ヴィーニュ(ガリマール社)
                 ブノワ・チュルゥ(フランス国立図書館)

16:15-18:15 第3セッション「電子書籍の経済」
          モデレーター:中野稔(日本経済新聞社文化部編集委員)
          パネリスト:ジャン=ギ—・ブアン(国際フランス出版事務局(BIEF)会長)
                 リュック・ブルシエ(IZNEO社社長)
                 角川歴彦(株式会社KADOKAWA取締役会長)
                 新名新(株式会社出版デジタル機構代表取締役社長)
                 相賀昌宏(日本書籍出版協会理事長)

18:15 閉会の辞 ティエリー・ダナ(駐日フランス大使)

 

▼日仏フォーラム「書籍とデジタル」詳細情報はこちら(外部リンク)

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/book/

タグ: デジタル   出版   日仏フォーラム  

  • (1) 【開会の辞】羽入佐和子(国立国会図書館長)

    番組を見る

  • (2) 【基調講演】「本、今日とこれまで」 養老孟司(東京大学名誉教授) 

    番組を見る

  • (3) 【第1セッション】「デジタル時代における創作と読書:本の新しい形と新たな読書の形態とは?」

    番組を見る

  • (4) 【第2セッション】「電子書籍と図書館の役割:長期アクセス保証と納本制度」

    番組を見る

  • (5) 【第3セッション】「電子書籍の経済」、【閉会の辞】ティエリー・ダナ(駐日フランス大使)

    番組を見る

この動画をご覧のかたにおススメの動画

日経チャンネル 日経が発信する映像ポータル NIKKEI CHANNEL

日経チャンネルTwitter

日経チャンネルFacebook

pagetop