日本経済新聞 関連サイト

日経チャンネル NIKKEI CHANNEL

LIVE! 日銀総裁会見

LIVE! 日銀総裁会見

配信日時 2015年05月22日(金) 15:27~16:30

アーカイブ配信 あり

日銀は5月21日、22日に金融政策決定会合を開きます。4月30日に日銀が公表した経済・物価情勢の展望(展望リポート)で示された景気や物価の見通しを踏まえ、量的・質的金融緩和を継続する見込みです。黒田総裁はかねて「必要であれば躊躇なく政策を調整する」と発言してきました。記者との質疑応答でもこの発言を繰り返す可能性が高いと見られるだけに、市場は黒田総裁の一言一句に変化の兆しを嗅ぎ取ろうとします。

 市場が敏感になっている背景には、国際通貨基金(IMF)が示した日本に対する認識が存在しています。「2%の物価安定目標を実現するために必要であれば、日銀の金融を刺激する措置、特に金融緩和の質的な部分について一段と強化することが正当化されるかもしれない」。IMFが示した認識は、日銀が隠し玉を持っているのではないかと思惑を巡らすには十分でした。

 折しも日銀は、2014年度決算で最終利益にあたる当期剰余金のうち25%相当を法定準備金として積み立てられるよう、麻生太郎財務相に認可を申請しました。25%相当の積み立ては過去最大です。日銀は14年10月から量的・質的金融緩和を拡充して上場投資信託(ETF)など価格変動リスクが大きい資産の購入を増やしています。自己資本を増強し、保有資産の価格変動リスクに備える狙いがあると見れば、質的緩和の拡充に対する思惑が高まります。

タグ: 日銀   日銀総裁会見   黒田東彦  

この動画をご覧のかたにおススメの動画

日経チャンネル 日経が発信する映像ポータル NIKKEI CHANNEL

日経チャンネルTwitter

日経チャンネルFacebook

pagetop